入居した当初から存在する、設備の損傷部分などについて解説しますか。

賃貸物件☆キレイに暮らして退去トラブルを未然に防ぐ
賃貸物件☆キレイに暮らして退去トラブルを未然に防ぐ

入居当時からある損傷部分

自らの住んでいた賃貸物件を退出する際に支払う原状回復費用は、実際には、入居時に支払った敷金もしくは保証金などの中から、差し引かれる形で納入するケースが多いようです。
したがって、そちらの原状回復費用を差し引いた残金は、入居者に返還される運びとなります。
ただし、原状回復のために必要となる金額が、入居時に支払った敷金などよりも高くなる場合には、超過分を追加納入することが必要となりますので、注意しなくてはいけません。
また、そちらのコストは、飽くまでも、入居時のコンディションに戻すために支払うものなので、入居した当初から存在したキズやへこみ、穴、汚れ、設備の損傷部分などについては、住人が修理費用を負担する義務や必要性はありません。
ただし、そのような箇所があることについて、入居時に、管理者へ報告し、承諾を得ておかないと、後々になって要らぬトラブルに巻き込まれるリスクが低くありませんから、気をつけなければなりません。
例えば、そのような報告をしなかったり、承諾を得なかったりした場合には、物件の退出前にチェックを受ける際、管理者に、入居前から存在したものであることを信じてもらえないケースも少なからずあると思われます。
そのようなトラブルを避けるために、入居時に見つかった汚れやキズなどは、撮影日時の記録される写真などに撮って、退出時に証拠として提出するのも良いと考えられます。
そして、入居当初から存在する損傷部分などによって、日常生活に支障を来たすことが想定される場合には、なるべく早く管理者に申し出て、修理業者を手配してもらうなどといった対応をすることをおすすめ致します。
そのような対処を取らず、長い期間にわたって、損傷部分を放置した後に報告した場合、先ほどの場合と同じように、現在の入居者が壊したのではないかと、あらぬ疑いをかけられるはめにもなり兼ねませんから、気をつける必要があります。
多くの場合、入居時に見つかったそれらの損傷部分を修理する費用は、管理者側で負担してくれるようです。
そのような事情を考慮すると、物件に入居した後には、なるべく早い段階で、それぞれの設備や備品の稼働状況や、使い勝手などをチェックしておくことが大切なファクターになると言えるでしょう。
例えば、スイッチを入れても、換気扇が回らなかったり、インターフォンの音が聞こえなかったりした場合には、早めに管理者へ申し出て、対応してもらいましょう。

Copyright (C)2017賃貸物件☆キレイに暮らして退去トラブルを未然に防ぐ.All rights reserved.