物件を退出する際に支払うことになる、原状回復費用について言及しています。

賃貸物件☆キレイに暮らして退去トラブルを未然に防ぐ
賃貸物件☆キレイに暮らして退去トラブルを未然に防ぐ

退去時の原状回復費用

一般的に、賃貸物件の入居契約を取り交わした消費者が、そちらの住まいを退出する場合には、借りた当初のコンディションに戻しておくことが必要条件になるケースが多いようです。
もしも、契約当時と比べて、建物の構造部分や、付帯設備などが損傷していたり、キズやシミ、汚れ、穴などが存在したりする場合には、それらを原状回復するための費用が、入居者に対して請求されるのが原則になります。
ただし、たたみのすり減りや日焼けなど、長い年月の経過や、たび重なる使用によって、自然に出来たと思われる劣化部分に関しては、そうしたコストが請求されない場合が多いようです。
それに対して、たたみにコーヒーをこぼしてシミをつけたり、タバコを落として焦がしたり、柱に釘を打ちつけたりするなど、明らかに入居者に非があると判断される箇所については、原状回復費用が請求されるものと考えて良いと思われます。
そういった部分があるか否かは、入居者が、物件の管理者に対して退去する意思表示をしてから、実際に退出するまでの間に、借主と貸主の立ち会いのもとでおこなわれるのが一般的です。
多くの場合、退出の意思表示は、退去予定日の一か月前までにおこなうことが必要になるようです。
したがって、そちらの室内をチェックする日は、その一ヶ月の間で、入居者と管理者のすけじゅーる調整をおこなった上で決定する運びとなるでしょう。
そして、管理者のチェックを受ける前に、自分で修復できる損傷部分や、取り除くことの出来る汚れなどに関しては、それらの処置を施しておいた方が良いものと思われます。
また、キッチンの油汚れや、バスルームのカビをきれいに落とすなど、室内を清掃しておくことによって、支払う費用を少なくすることが出来る場合も少なくありません。
ただし、契約内容によっては、清掃費やリフォーム代などといった名目で、一律の料金を退出時に徴収するケースもめずらしくないようですから、注意する必要があります。
そして、管理者に、原状回復のための処置を施す業者を手配してもらうよりも、自ら手配した方が、コストを節約することが出来る場合も稀ではありません。
もしも、安いコストでそれらの施工をおこなってくれる業者を知っているのであれば、そのような方法を選択した方が良いかも知れません。
その他に、退出時の無用なトラブルを避けるため、入居当初から存在するキズなどは、入居時に管理者に伝え、確認を取っておきましょう。

Copyright (C)2017賃貸物件☆キレイに暮らして退去トラブルを未然に防ぐ.All rights reserved.